多くの書物で記された

“翼を操るテクニック”は

        本当に役に立つのだろうか。

   目の前の半径5メートルの日常にすら

       

            効果がないのではないか。

 

         何日、何年かけて整えた

心構えも、対策も

幼い君はその大きな翼で暖をとる。

    翔び方を知らない翼は

  その身に重く圧し掛かった。

           重い足取り         

乱れる呼吸      

 眩む視界が意味を問う。

 

             不憫に思う鳥たちは

                       優艶なエールを置き去りに           

     群芳へ消える。

Sky
Arrow

​一瞬で壊される。

-8hb-

「翔べよ、翔べよ」と。

そしてまた、君は翼に身を隠し、

        傷を癒やすためにまじないを謳う。

折衷主義の立場で行う
エクレクティックカウンセリング

折衷とは、料理で良く耳にする「和洋折衷」の折衷のことで、
いくつかの異なった考え方の良いところを取り合わせて、
一つにまとめあげることを言います。

​英語に訳すとエクレクティック(Eclectic)となります。